表紙画像・六甲山遠望
表紙画像・神戸海面アニメ

園をお探しの保護者の方へ | 園児の保護者の方へ | 園児のアルバム |  求人情報

[ お知らせ ] 更新しました。

求人情報を掲載しました。 (2015年度 新規採用は終了しました)

収支報告/事業報告・事業計画

☆神視保育園の基本運営方針☆

神視保育園は、賀川豊彦によって、イエスキリストに示されたの愛と奉仕の生き方を大切にして設立されました。賀川豊彦には「いと小さき者のために」という原点がありました。

「子どもの今は、日本の未来」という「21世紀の子育て環境作り運動」を意識し、世界をみつめ地域に生きる思いやりのあるやさしい心、健やかな身体の発達ができる環境づくりに力を注いでいます。

ウェルネスの理念に基づいた給食・おやつの栄養管理、専任講師による体育・野外活動指導、絵画制作指導等も特色かもしれません。

 


私たちは賀川豊彦献身90年にあたりここに憲章を定める。

賀川豊彦は1909年12月24日に当時の社会的矛盾からくる
社会悪とたたかい、最微者(いと小さき者)に仕えるために
事業をおこし、多くの賛同者にまもられ今日に至った。

そこで21世紀を生きる
私たちイエス団に連なる一同は、
イエス・キリストの贖罪愛に触れ、それを実践することを
終生貫き通した賀川豊彦の精神を
引き継ぐものである。
 

私たちは、賀川豊彦が実践したsettler(地域に生きる人々と共に歩むもの)の精神を引き継ぐ。

私たちは、自立と相互扶助を目指した開拓的・実験的事業の精神を引き継ぐ。

私たちは、地域を越え、国境を越えて共に生きる平和な世界の実現に努めた精神を引き継ぐ。

1999年12月24日
社会福祉法人イエス団
学校法人イエス団

Jesus Band Charter

 We hereby stipulate this charter to mark Toyohiko Kagawa’s 90 years of devotion.
On December 24, 1909, Toyohiko Kagawa established this organization, which aimed to fight against the evils brought about by the social contradictions of the time and to serve the frail group; hitherto the organization existed with the support of assentors.

 We gather under his name to live in the 21st century pursuing the will of Toyohiko Kagawa, who had lived his life practicing mercy and the love of Jesus Christ.
We shall pursue the spirit of “the settlers” (the ones who supported the people living in the community), which Toyohiko Kagawa had put into practice.
We shall pursue the spirit of this pioneering and experimental organization, which has aimed to win the independence and mutual support.
We shall pursue the spirit, which has strived to realize a world where people of all nations live in perfect harmony.

                                                               December 24, 1999

                                   Social Welfare Corporation Jesus Band
                                      School Juridical Organization Jesus Band

 

神視保育園の使命

(保育方針) 

 私たち神視保育園は、イエスキリストにおいて示された愛と奉仕の生き方に学び、賀川豊彦の精神を継承し、社会福祉法人イエス団の使命であるイエス団憲章(ミッションステートメント)に基づき、児童福祉の視点から、次の使命を担います。 

1.新保育所保育指針をベースに、子どもの いのちをかけがいのないものとして守り、健康・人間関係(交わり)、環境・言葉・表現等の側面から、全人格的に成長する保育を実施します。

2.賀川豊彦の「いと小さき者のために」という原点に学び、一人ひとりの人権を守り、「おもいやりのあるやさしい心」と「健やかな身体」を育てる保育に努力します。

3.家庭と地域から尊敬され、信頼される保育園づくりに努力します。また、国際理解教育・平和教育に力を注ぎます。

(保育目標)
 

  (1)子どもが生涯にわたる人格形成にとって重要な時期に、養護と教育が総合的に配慮された保育環境の中で、神に愛され、守られていることを知り、乳幼児が主体的に(いきいきと自由に)生活できる場を保障していきます。 

(2)健康、安全など生活に必要な基本的な習慣や態度を養い、心身の健康の基礎をつくるため、“正しい判断力を養い、やりぬく力を育てること”“安全な食品や栄養面でバランスのとれた食事に配慮し、年令に応じた体育あそび、野外あそびを充実し、心身ともに健康・安全な生活ができるよう”にします。 

  (3)交わりの生活を通じ、生活の中で、言葉への興味や関心を育て、話したり、聞いたり、相手の話を理解しようとするなど、言葉の豊かさを養うこととあわせて、他者に対する愛情・信頼感、また人権を大切にする人間観・倫理観を培います。

(4)豊かな個性が育つよう、生命、自然及び社会の事象についての興味や関心を育て、探究する生活、表現する生活を保育の中でとりいれ、全人的な成長を願います。

  (5)“いと小さきもののために”や“保育が愛と信仰と祈り”によって実現したいと願う賀川精神を保育の中にも生かし、一人一人の子どもの発達の連続性を意識し、家庭や地域社会資源(小学校・子育て支援部・家庭児童センター等)の人々との連携や交流を深め、情報の共有や相互理解を図り、共に育ちあい学びあう保育を展開します。

  (6)保育園は、入所する子どもの保護者に対し、その意向を受け止め、子どもと保護者の安定した関係に配慮し、保育園の特性や保育士等の専門性をいかして、その援助に当たります。

【第三者評価の結果】


■ 2014年度 収支報告 ■

資金収支計算書 | 事業活動収支計算書 │ 貸借対照表 

 財産目録    事業報告


ページトップへ

神視保育園
〒653-0011  神戸市長田区三番町4丁目8
TEL 078-576-4249  FAX 078-576-4934

 

Copyright©Shinshi Nursery 2000