0歳児保育,募集,兵庫駅,神戸市兵庫区,ちびくろ保育園

社会福祉法人 野花会
0歳児保育,募集,兵庫駅,神戸市兵庫区,ちびくろ保育園
神戸市兵庫区松原通4-4-7
TEL 078-651-6151
 

保育園をお探しの保護者の方
(園の概要保育時間案内など)
園児の保護者の皆様
園の生活アルバム
園への連絡フォーム

最終更新日 2016/09/30 Friday

0歳児保育,募集,兵庫駅,神戸市兵庫区,ちびくろ保育園

0歳児保育,募集,兵庫駅,神戸市兵庫区,ちびくろ保育園

来年度の零歳児の入園申し込みは10月17日からです

育児休業制度の利用者が多くなり1歳児枠はいつも満員です。
ですので零歳児から入園していただくのが得策です。

新制度になってから申し込みが10月17日から兵庫区役所で受付けてくれます。
 

◆ 園長のブログ ◆

◆ ちびくろ保育園概要ご紹介 ◆
 


●カウンセリングをご利用下さい。

 子育てを中心としたことや、ご家族のことでお悩みのこと等、
 専門の臨床心理士が応待してくれます。

 ・月1回50分程度で1,000円です。
 ・必ず主任に電話下さい
 ・日程は毎月変わります。


☆力を入れています☆

※1 自由な遊びと空間について

「子育て百科」を著わした故・松田道雄さん(小児科医)は自由空間の大切さを
「自由を子どもに」の中で次のように述べています。

「人間に空気が必要であるように、子どもにとって自由空間はなくてはならないものです。自由空間は、幼児が自分の創造性試す場所でした。」その自由空間の中で  好きな友だちをさそって、好きなことをして遊ぶ中で、子どもの精神が育つのです」

その中で精神が育つのは「精神はもともと」「自分自身の」「主人であるときにしか、思うように羽ばたけないからです」と言っています。

保育園はまさに子ども自身が好きな友だちと創造的に遊ぶ場所です。

精神が育ってすごーいと思いませんか。
ストレスの強い時代だからこそ、自由空間を自分自身で作った経験が大事です。


※2 子どもの育ちと空間について

乳幼児の育ちと空間については考慮が必要です。


ドイツのシュタイナー幼稚園に行った時、運動場と呼ばれるような広いものはなく、クラスごとの外に小さな庭が附属した形態でした。

広い園庭をわざわざ3つに分割し生け垣で仕切りがしてありました。
 

当然日本のうんどう会のようなものは行わないときいています。

子どもの発達年齢と空間との関係は自ずから適当な広さがあるべきだという考えが伝わってきました。
乳児をいきなり海につれて行っても怖がるだけです。

当園は広い土地が入手出来るような環境でなく、工場や家屋が密集している場所に位置しています。

当然運動場と呼ばれているような広い庭はなく、園児一人につき一坪(3.3u)しかありません。

その為に0才〜6才まで1日の中、一回は必ず近くの公園に出かけます。

幼児にとってはこれが楽しみで色々な虫やめずらしい石を発見しては持ち帰ります。

うんどう会は歩いて10分ぐらい東にある須佐野児童公園で行ってきました。

私は広い園庭が欲しい、小川も田んぼも欲しいと しきりに願っています。

 

◆ 苦情解決について ◆

◆ 情報公開 ◆


ページのトップへ

ちびくろ保育園
神戸市兵庫区松原通4丁目4-7
TEL 078-651-6151

 

0歳児保育,募集,兵庫駅,神戸市,ちびくろ保育園

Copyright©Tibikuro Nursery 2000